ノンシリコンシャンプーとはどんなもの?

ノンシリコンシャンプーとはどんなシャンプーなのでしょうか

最近CMや雑誌など至るところで目にする
「ノンシリコンシャンプー」とはどんなシャンプーなのか紹介します。

シリコンとはコーティング剤の一種で髪の毛の指どおりを良くしたり、
髪の毛に艶を与えたりする働きがあります。

しかし、シャンプーは髪や頭皮の皮脂や汚れを落とすことが重要であるため、
髪の毛をコーティングしてしまっては汚れが十分に落とせないのではないか、
という観点からノンシリコンシャンプーが注目されました。



シャンプーの容器には含有されている成分一覧が表示されています。

その成分一覧の中に、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、メチコンという成分が入っているシャンプーは
シリコン入りのシャンプーですので注意しましょう。



それでは、何故シャンプーの中にはシリコンが入っているシャンプーが存在するのでしょうか。

それは、比較的洗浄力の強いシャンプーにシリコンを入れ、
指どおりを良くする効果を持たせるためです。

洗浄力が強いとシャンプーは良く泡立ち、汚れも良く落ちますが、
髪の毛がギシギシして指が髪に絡んでしまいます。

それをカバーするためにシリコンを入れているのですが、
シリコン自体はそれほど頭皮に悪影響を与えるものではありません。


むしろシリコンが入っているという事は
「それほど洗浄力が強い成分が配合されています」という意味になります。

つまり、ノンシリコンシャンプーはシリコンを入れなくてもよい
髪の毛や頭皮に優しいシャンプーであることを表しているのです。

ノンシリコンシャンプー-プラセンタ配合の効果とはメニュー