シャンプーへのシリコン配合の理由からノンシリコンシャンプーの良さを知る

シャンプーにシリコンが配合された理由は何でしょうか

そもそもシャンプーにはどうして「シリコン」が配合されるようになったのか
考えてみましょう。


シリコンはコーティング剤の一種であり、髪の毛をコーティングし、
指どおりをよくして、さらさらでまとまる髪に仕上げてくれます。

そして、私たちがよく目にする泡立ちが良いとか、皮脂の脂をきれいに落とすという特徴を謳っているシャンプーは
界面活性剤に「ラウレス硫酸」を使用した高級アルコールシャンプーである場合があります。

このラウレス硫酸は安価で手に入るため、
泡立ちや洗浄力を良くするために多くのシャンプーで使用されています。

ラウレス硫酸は強力な洗浄力や皮脂の油を抑制する力があるため、
洗い上がりがスッキリとして、満足感を与えてくれますが、
頭皮が必要とする皮脂や水分までも取り除いてしまい、
それが原因で湿疹や肌荒れを引き起こす場合があります。

又、髪の毛もラウレス硫酸の強力な洗浄力でギシギシとした手触りになってしまいます。



そうならないようにシリコンのコーティング力を利用し、髪の毛をしっかりとコーティングすることで、
強力な洗浄力から髪を守っています。
同時に、しっかりと髪の毛や頭皮を洗う事もできて、洗い上がりがさらっとした感じになるのです。

ただ、シリコンシャンプーに含まれるシリコンは、人体にも被害を及ぼし兼ねない
強力な洗浄力を持つ界面活性剤から髪の毛や頭皮を守り仕上がりをよく見せるため、
言わば誤魔化しのために含まれているのです。


そのような点が見直されるようになり、
髪の毛や頭皮に優しいノンシリコンシャンプーが注目されるようになったのです。

ノンシリコンシャンプー-プラセンタ配合の効果とはメニュー