プラセンタ入りノンシリコンシャンプーの正しい使い方

プラセンタノンシリコンシャンプーの正しい使い方って?

いま注目のプラセンタを含んだシャンプーですが、正しい使い方をしないと
大きな効果を見込めないばかりではなく
髪にダメージを与えてしまう可能性すらありえます。
正しいシャンプーを知って、大切な髪の毛を守りましょう。

プラセンタ入りノンシリコンシャンプーであったとしても
シャンプーを行うのに気をつけなければいけない点は
普通のシャンプーと何ら変わりません。

基本的なシャンプーの流れは、予洗いから始まります。
シャンプーを付けて洗い始める前に、しっかりとお湯で流して
おおまかな汚れを落としてしまうこの行程を、省いている方は多いことでしょう。

しかし、ここで流しておかないと皮脂や汚れがシャンプーの保護効果を消し去って
髪同士が擦れ表面を損傷させてしまう原因になります。

たっぷりのお湯で流したら、プラセンタシャンプーを手のひらに必要量だけ取り
しっかり泡立ててから髪につけて洗いましょう。
泡立てておかないと、髪が直接こすれ合うことになってしまい
キューティクルをはがして切れ毛の原因となってしまいます。

男性などで皮脂の多い方は、2度洗いをすることも効果的です。
その際は、1度目のシャンプーは泡立てて塗りつけるだけで洗い流し
2度めのシャンプーで地肌までしっかりとマッサージしながら洗っていきましょう。

洗い終わった後は、大量のお湯で洗浄成分がなくなるまで、完全にすすいでおくことが重要です。

プラセンタシャンプーなら、髪につけたまま少しの時間放置しておくと
有効成分が吸収されていきますから、更に効果を高く実感することができます。

ノンシリコンシャンプー-プラセンタ配合の効果とはメニュー