ノンシリコンシャンプーのトリートメント・コンディショナーはノンシリコンか

ノンシリコンシャンプーのシリーズでトリートメントやコンディショナーは必ずノンシリコンなのか?

市販のノンシリコンシャンプーの中には、同じようなシリーズで
トリートメントやコンディショナーもセットで販売していますが、それらもノンシリコンなのでしょうか。


実は、ノンシリコンシャンプーの同じメーカーの同じブランドのトリートメントやコンディショナーのほとんどは、
シャンプーとは違って、多量のシリコンが配合されていることがあります。

この点が結構盲点なのですが、確かにセットで販売はしているものの、
トリートメントにはノンシリコンの表記が無い場合があります。


ノンシリコンであるかどうかを確かめるためには容器の成分一覧に、
ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという成分が表記されているかを確認しましょう。



しかし、シリコンは髪の毛の指どおりを滑らかにし、さらさらとした艶のある髪にしてくれるため、
髪の毛のボリュームを抑えて、しっとりと落ち着かせたい人には向いています。

髪の毛の汚れや頭皮の皮脂などは、
ノンシリコンシャンプーでしっかりときれいに洗い流せているはずですので、
トリートメントやコンディショナーは別段ノンシリコンである必要はないでしょう。


シャンプーは髪や頭皮を清潔にするものですが、トリートメントやコンディショナーは髪を守るものですから
使用する目的が違います。

シャンプーは頭皮にもつけるものですが、
トリートメントやコンディショナーは極力頭皮にはつけないようにする使用方法のものが主流です。

使用方法も違うのですから、ノンシリコンを選ぶ方、シリコン入りを選ぶ方、
どちらも選べるようになっているのでしょう。



シリコンはコーティング剤の一種であるため、頭皮には悪影響を及ぼし、
毛穴を詰まらせて、抜け毛を促進するという噂を聞きます。

しかし、毛穴に詰まった皮脂などは、髪の毛の成長と共に押し出されていくサイクルになっていますので、
もし毛穴にシリコンが詰まっても皮脂などと一緒に押し出されます。



シリコンが必ずしも悪いというイメージは捨てて、
自分の髪の毛に合ったシャンプーやトリートメント選びをしましょう。

ノンシリコンシャンプー-プラセンタ配合の効果とはメニュー